金沢市立工業高等学校

電子情報科Electronics & Information Engineering

Top > 電子情報科

電子情報科では

  1. 電子系のものづくりの基礎から、回路設計や電子制御、情報通信について段階的に学んでいき、電子系からIT関係など、幅広い就職ができます。
  2. 電気、電子の基礎理論やCGIやプログラミング、Webデザインなど、一つひとつ積み重ねながら学んでいき、興味・関心のある大学や専門学校などへの進学もできます。
  3. ひらめきやアイデアをものづくりのなかに活かし、コンテストや資格取得に意欲的に取り組んでいきます。

電子情報科とはこんな学科

  • はんだづけ技術や電子部品の取り付け方をしっかり身につけ、電子回路の設計や電子工作ができるようになります。
  • 情報技術やプログラミングを用いたものづくりを楽しみながら学んでいきます
  • 電子系の製造業や通信、サービスやメンテナンスなど、ものづくりで身につけた技術と情報の知識を活かし、就職を目指します
  • 電子や情報の分野を中心に、工業系の大学などへ進学を目指す生徒が多く、個々に応じた学習方法や進学先をアドバイスしています。
  • CGソフトを用いてモデリングを行います。作成したモデルは本校の3Dプリンターを使って実際に作ることも可能です。

    電子回路組立の様子です。作成した回路を使ってLEDを点灯させたり、音を鳴らすことができます。

    ものづくりの気持ちを大切に

    本校の電子情報科は「ものづくりの気持ち」を大切にしています。電子部品の使い方や回路のしくみを学び、プログラミングによって作ったものを動かすものづくりを学んでいきます。

    電子情報科のものづくりは、主に制御、自分で作ったハードウェアをプログラムで自由自在に動かせるように、初歩的な内容から学んでいきます。電気を使ってものを動かすので電気の基礎の学習はもちろん、自分の思いやアイデアどおりに動かすためにプログラミングも学びます。身近にある小さな電化製品のなかに入っている半導体やICを使って、回路やハードを作る作業は楽しいものです。

    そこから光や音、動きのアイデアを、思い通りに作り上げるには根気のいる作業が続きますが、試行錯誤を通し学ぶことがたくさんあります。手作業と考える力を結びつけていくのが電子情報科のものづくりです。

    電子情報科ではプログラミングやアルゴリズムを学びます。回路と組み合わせてロボットを動かしたり、簡単なゲームプログラムを作ることも可能です。

    資格取得について

    電気・電子系から情報分野と幅広く資格にチャレンジし、自分の進路を切り拓いていきます。在学中に取得した資格は就職や進学の際に有利になるだけでなく、その後の就職先や進学先で優れた技能を発揮できます。

    以下は、電子情報科で推奨している資格の一例です。

    • 技能検定(電子機器組立て)
    • 工事担任者試験(DD3種、1種)
    • 基本情報処理技術者試験
    • 第二種電気工事士
    • ITパスポート試験
    • CGクリエイター検定

    資格取得に向け、生徒は放課後も努力を続けています。

    さまざまなコンテスト

    電子情報科で学ぶものづくりは「ものづくりコンテスト電子回路部門」や「マイコンカーラリー」などのコンテストでも発揮されます。自分で回路やマイコンカーを設計・製作し、プログラミングにより制御し、課題をクリアしていく。この醍醐味も、電子情報科の魅力のひとつです。

    マイコンカーラリー。車体の設計製作(ハード)とモーターの制御(ソフト)を両立させることが重要です。

    WRO(LEGOを使ったロボット競技大会)。与えられた課題をクリアし、早くゴールすることができればポイントとなります。

    進路について

    2年生からはコースごとに学びます。技能を身につけたい生徒は専門重視コース、学力を高め進学を目指す生徒は数英重視コースを選んでいます。電子情報の中心となる学習内容や資格はどちらのコースでも学べるように工夫しています。多種多様な進路に対応するために、コースを選択して、将来の目標に向けて知識や技能を高めていきます。

    卒業後の進路としては、就職では県内外の電気・電子関係企業や公務員、進学では国公立大学や私立大学、専門学校などがあります。