金沢市立工業高等学校

土木科Civil Engineering

Top > 土木科

土木科では

1

道路や橋、港湾、発電所、都市計画、環境保全、そして地震や津波などに対する 防災など、私たちの生活を守る多くの技術を学べます。

2

土木科では測量実習をはじめとして、土質試験などの実験実習があります。

測量というのは、土地の面積、あるいは地上の地点や建築物どうしの位置関係を測ることです。本校土木科では、基本的な測量はもちろん、GNSS測量や、自動追尾トータルステーションなど最先端測量機器を使用した測量実習を行っています。

土質試験とは、地盤の状態を把握し、構造物の設計や施工に欠かせない調査です。土の強さや性質を調べ、近年注目されている地震時における地盤の「液状化」対策などの、今後ますます求められる知識と技術を学びます。

3

3年生で行われる「課題研究」では、コンクリートを使った作品製作だけでなく、私たちの暮らす町の土木構造物についての調査を行うなど、多様な学習を行っております。

辰巳用水隧道内

4

建設業協会等の協力により、さまざまな技術支援を受けております。

下の写真は企業の試験室で技術者の方々からコンクリート材料試験法を学んでいる様子です。コンクリート材料試験は、セメントと骨材(砂や砂利)、水、そして混和材料(強度・耐久性の向上、凝結速度の調整、作業効率の向上などを目的としてコンクリートに混ぜる薬剤)の割合をさまざまに変えて、その強さや破壊状況などを調べる試験です。

コンクリート材料試験コンクリート材料試験

5

毎年,石川県建設業協会の支援により、建設現場見学を実施しております。下の写真は今年度実施した建設現場でのリモコンによる重機操作体験の様子です。

6

高さ日本一のアーチ式ダムである黒部ダム見学は、毎年、土木科1年生にとって楽しみな行事です。

黒部ダム黒部ダム

7

インターシップとして、就業体験学習と工業人養成企業実習があります。さまざまな工事現場での体験学習や現場見学ができます。

金沢港沖橋脚建設現場

8

在学中に、小型車両系建設機械や小型移動式クレーン等の免許取得も可能です。

パワーショベル移動式クレーン

9

コンテストへの出場

高校生ものづくりコンテスト(測量部門)

過去9年間の成績(平成20年度~平成28年度)

・全国大会 優勝1回 準優勝1回 第3位1回

・北信越大会 優勝4回 準優勝1回 第3位1回

・石川県大会 9連覇中

石川県測量技術コンテスト

過去10年間の成績

・3種目の競技の成績により総合成績が決まります。(平板、水準、角測量)

総合優勝5回 総合準優勝5回

10

就職先は一般建設業の他、公務員(国土交通省、県庁、市役所)、電力会社、JRやその系列会社、NEXCO(高速道路)、地質調査・改良会社など、土木技術者として多くの分野に広がっています。